Types of Games
- 様々なスタイル
カポエィラにはさまざまな形態があります。カポエィラには中で戦っている二人以上に、人々を魅了するものがあります。カポエィラのゲームは、ゲームのスピードや雰囲気をコントロールする音楽を奏でる人や、歌う人で構成された円の中で行われます。プレイヤーは互いにその時の、その音楽に合わせなければなりません。彼らはそのビリンバウ(カポエィラの楽器のリーダー)によって奏でられているリズムのタイプを重んじなければなりません。カポエィラにはたくさんの異なった種類のリズムがあり、それぞれのゲームには違ったルールやマナーがあります。全員がそのエネルギーをそこに注ぎ込むことが、カポエィラのゲームを楽しく、盛り上がったものにします。

取り囲む音楽で肉体的なエネルギーを後押しし、プレイヤーに力を与え、ゲームに感情を与えることで、みなのエネルギーが中心に集まったとき、ホーダ(カポエィラの円) は生きたものになるのです。
安全のために、ホーダでは絶対にプレイヤーから注意をそらさないこと。蹴りをしたり、アクロバットをする人が、そのまま誤って円から出てしまったり転倒することもあります。もし目を離していたら、それが当たり怪我や事故のもとになります。

The Games and their Rhythms - スタイルとそのリズム
カポエィラには様々な異なったゲームやリズムの種類があります。ここではそのうち我々のクラスでメインとなるものを紹介します。ゲームの種類やリズムの種類などさらに知りたい場合はインストラクターに聞いてください。又、私たちのパワーアーツカポエィラでは、はじめにベンゲーラとヘジョナウのスタイルを学んでください。
Regional - ヘジョナウ
早いテンポのカポエイラのスタイルです。カポエイリスタは、ベンゲーラと同じような動きを用いますが、ヘジォナウではそれよりも更に早く、ダイナミックな動きになります。ヘジォナウはカポエイラの“戦い”の要素に重点をおいたスタイルで、早い強力な蹴りに対して、素早く対応できるよう、集中してゲ−ムに望む必要が有ります。
Banguela - バンゲーラ
このスタイルはカポエイラ・ヘジォナウの創始者で有名なメストレ・ビンバ(マヌエウ・ドス・ヘイス・マシャード)によって創り出されました。早くも遅くもない中ぐらいのリズムを用い、カポエイリスタ達は近距離で、お互いを試すように複雑な動きなど織り交ぜてカポエイラを行ないます。
Angola - アンゴラ
アンゴ−ラは単なるゲ−ムの種類というだけでなく、カポエイラで最も歴史のあるスタイルで、伝統的なカポエイラといえます。アンゴ−ラではゆっくりとしたリズムを用い、低い体勢で非常に近い距離でカポエイラを行ないます。体全体を使い、非常に表現力に富んだカポエイラを行ないます。アンゴ−ラは身体的な能力はもちろん、常に注意を怠る事のないよう、高い集中力を必要とする長いゲ−ムでもあります。相手を惑わすトリックや創造力を必要とする“マンジンガ”はアンゴ-ラの基礎となっています。
Iuna - イウナ
カポエイラ・ヘジォナウの伝統に基づいた、イウナというゲ−ムはカポエイラの持つ技に重点を置いたものです。上級者のみがメストレ、あるいはそれに準じる指導員の前で許しを得て、このゲ−ムをすることができます。イウナでは自分が持つ最大限の技術を披露します。歌は歌わず、楽器の演奏のみによって進行し、それぞれのパフォ−マンスが終わると拍手をします。
Miudinho - ミウジーニョ
このゲームは、メストレ スアスーナによって創りだされたスピードとアクロバティックな要素が合わさったゲームです。このゲームでは、プレイヤーは床に近い低い体勢で、できる限りお互い近付いた状態でプレーします。プレイヤーはお互いに内へ外へ、また回りこんだりして、相手の防御しにくいところ(通常は顔)を攻撃するふりをするチャンスをつくり出します。そういった攻撃に対してどのような反応や“かわし”を行うかによってそのスキルが問われます。
その他のToque
Sao Bento Grande de Angola
Sao Bento Pequeno
Cavalaria
Santa Maria
Amazonas
Apanha laranja no chao tico tico
Samba de Roda
Samango
Mestre Marcelo
Mestre Marcelo
上記に記載または添付した音楽は、私たちのメストレであるメストレ マルセロ氏によって演奏されたものです。
私たちのグループ“フォサダアルテ”、メストレのグループである“カポエィラ マンジンガ”また彼のメストレであるメストレ スアスーナ氏のグループ“カポエィラ コルダォン ジ オゥロ”で使われているものです。
グループによってはそれぞれ異なってくることがあります。
又、これらのトーキ(リズム)はメストレ マルセロ氏のCD“Criacas da Mandinga”で聴くことができます。